いつかは働きに出たい!子育ても手を抜きたくない!そんな悩みを抱えて思い通りに行動できずにいませんか?
ママが仕事を考えるなら、自分の本音とキャリアをしっかり見つめなおしてみましょう。


1.仕事をする目的


1-1.これからのキャリアアップを考えよう


ママが再就職や転職に挑戦するときに心に刻んでおきたいのが、自分に誇りを持つこと。
年だから、子どもがいるから、ブランクがあるからと自分を安売りしていては経験もスキルも身に付かない状態で転職を繰り返す羽目になってしまいます。


年齢を重ねた人が向いている仕事、子育て経験をしているからこそできる仕事など、良い影響をもたらすこともあるのです。


しかしながら、仕事のブランクが2~3年以上もあると即戦力として認められるのは厳しい部分もあります。
40歳までに正社員になるといった目標を決めて、少しずつでもステップアップできるように作戦を立てていきましょう。



>>ブランクが心配な専業主婦へ


1-2.仕事のモチベーションを再確認しよう


仕事をするにあたって、何のために働くのかという動機もはっきりさせておきたいですね。
ママが仕事をする目的は、お金をしっかりと貯めるため。そして自分らしく、イキイキと暮らすためなどと、色々と理由はあると思います。


その動機を明確にして何を優先するのかを知ることで、仕事の探し方も変わってきます。

特に意識したいのは、「長く働き続ける」視点です。
たとえ40歳からの再スタートでも、20年以上働き続けることが可能です。


パートやアルバイトでも「たいした仕事ではない」などと思わず、これから経験を積んでいくことで、将来的にキャリアアップしていくイメージをもちたいものです。

1-3.仕事の動機のチェックリスト



次に紹介するチェックリストの中から、重要だと思うものを3つ選んでみてください。
↓ ↓ ↓
□生活費を増やしたい
□子どもの教育費を稼ぐ!
□収入を得て家計のゆとりが欲しい
□自分の自由になるお金が欲しい
□マイホーム購入資金を貯蓄したい
□時間ができたから働きたい
□周りの友達が働いているから自分も
□家族に勧められたから
□一人の人間として社会と接点を持ちたい
□子どもを保育園に入れるため
□家に閉じこもりっぱなしはイヤ
□働くことが当たり前だと思っている
□自分の能力を試したい
□資格を活かしたい
□誰かの役に立ちたい
□仕事を通じて成長したい
□もっといろいろな知識を増やしたい
□スキルアップしたい
□社会貢献したい
□趣味を極めたい

はい、チェックしてみました!
選んだ3つが、自分にとっての働くモチベーションになるもの。
再就職活動中になかなか仕事が見つからなくて、くじけそうになったときに自分の仕事の動機を振り返ってみてください。
実際に仕事をスタートして、困難に感じたときも心の支えになってくれます。

2.仕事をするメリット・デメリット


子供の教育費や老後の資金のことを考えると共働きは賢い選択。共働きのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
●世帯収入が増える
一番のメリットはやはり「お金」です。自分のこずかいにしてもよし、自分の給料は貯蓄や投資に回してもよし。収入が増えることで、お金の使い道の自由度が高まります。
●保育料がかさむ
小学生就学前は、子どもを保育園に預けることが最初の難関になります。認可保育園は収入によって保育料も変動するもの。世帯収入が増えることで保育料が上がり、人によっては「貯蓄どころではない」という事態も起こります。
●生活にメリハリができる
仕事を持つと、オンとオフのメリハリを自覚しやすくなるのがメリット。少ない時間で家庭を切り盛りする習慣が身についたり、些細なことを気にしなくなったり、物事をスムーズに運ばせるスキルが高まります。
●心配の種も増える
小さいうちは、病気やケガがつきもの。たびたび仕事を休む機会が増えると、精神的負担も増していくのは否めません。
●将来設計のプラスにも
社会保険に加入した場合は、老後の年金額アップも見込めます。法改正により、扶養控除制度の廃止が検討されている現在、「103万円の壁」にとらわれず、自分のキャリアとマネープランを考えておくのが得策といえるでしょう。
●仕事が増える
育児に積極的な男性が増えていますが、家のことはノータッチという男性も少なくありません。ストレスがたまってくると「自分ばかりが忙しい」と夫婦喧嘩の原因にも。仕事を始めたら家事、育児の分担はどうするの?という話し合いは最初にしておきましょう。


3.高学歴主婦と再就職


3-1.高学歴女性は就職しにくい?



男女雇用機会均等法が施行されて以来、女性もキャリア形成に取り組み、日本社会にたくさんのロールモデルが生まれました。
学歴においても、既に男女の間に差はないと言われています。
しかし、実際に高学歴女性の意識調査を見てみると、女性が結婚・出産後に再就職する際に学歴が「影響する」と答えた人が41.3%、「影響しない」と答えた人が39.3%とほぼ同数という結果が出ているのです。

1213

実は日本では、多くの40代高学歴女性が仕事についていないという現状があります。高学歴女性が再就職しにくい理由は諸説ありますが、待遇面などの条件がネックになっていることも考えられます。


労働時間が社会問題化している昨今。長時間働くことよりも、成果を重視する企業も増えています。
期限内にマネジメントする能力が問われ、子育て中のママでも能力があれば積極的に雇用したいと考える企業も増えているのです。


再就職を考えるならば、勤務時間や給与などの条件面だけでなく、企業側の女性雇用に対する姿勢を見ることも重要なポイントです。


まずはどんな風に働きたいのかを自分でしっかりと見極めて、そこにマッチする仕事や職場を選ぶことが再就職成功の近道といえるでしょう。


3-2.キャリアチェンジを成功する5つのポイント


(1)自分のキャリアを棚卸し
学歴だけでなく、経験した仕事の内容を振り返って、今の自分は何がアピールできるのかを考えてみましょう。

(2)自分の可能性を否定しない
再就職ができない理由を探すのではなく、視野を広く持つことが大切。まずはトライする気持ちで仕事探しに取り組み、気になる企業はどんどん応募していきましょう。



(3)子育て制度とその利用実態を確かめる
子育て支援制度のある企業なら、再就職へのハードルも下がるはず。制度のある企業に対しては、その利用実態を遠慮なく質問してみましょう。



(4)要求だけではダメ。会社に何が貢献できるのかが重要
勤務時間や給料など、希望条件の提示ばかりを主張すると「使いにくい人」と思われてしまう可能性が。子育て中でも、「こんなことで役立ちたい」という意識をアピールしていきましょう。



(5)再就職講座を利用する
大学で社会人の学び直しや再就職講座が増えています。厚生労働省の委託を受けて行われるもので、女性リーダー育成プログラムや仕事復帰・起業などの講座を提供しています。
これまでのキャリアとは別の方向性を検討するためにも、こうした講座を受講してみるのもおすすめです。



日本は今、女性活躍推進の動きが広がっています。
これから役員・管理職を目指す女性はどんどんと増加する見込み。しかし、ロールモデルがなく、リーダーとしての自分のキャリアを描けないと戸惑っているという声も耳にします。
これまでのキャリアと自分の専門分野を活かしながら、男性社会では実現しにくかったこれからの女性のリーダー像を築いてください。


組織のマネジメントスキルが不足していると感じるならば、上記で紹介したような大学の再就職支援講座や、NBAを取得して経営に関する知識・技能やリーダーシップ、組織マネジメント力、意思決定力、課題解決力など経営の基礎を習得してもよいでしょう。


ここで、自分の価値観やキャリアに対する意識を再構築して、高学歴のキャリアを強みに活かしてください。