今回は千葉県から「こきあFP事務所」の熊谷 明子(くまがい あきこ)さんにインタビューをさせていただきました。

今回はよろしくお願いします。唐突ですが、FPになろうと思われたきっかけは何なのでしょうか?
FP技能士の取得は、完全に自分のためでした。怪我で仕事を辞め、将来に不安を感じていた時に主人が(私に読ませる目的で)本棚に置いておいた「自分のお金の育て方」という本を読んだのが『お金の勉強』の始まりでした。


FP資格を取れば、これからの生活にきっと役立つと思いました。仕事としてFPをしていこうと決めたのは、生協の組合員活動がきっかけです。LPA(ライフプランニングアドバイザー)として、組合員さん向けのセミナーをさせて頂くうちに、より多くの方に「お金の知識」を知って欲しいと思うようになりました。


私は1級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を有し、主に家計相談を行っておりますが、FP(ファイナンシャルプランナー)が行う仕事(相談業務)には、弁護士さんや税理士さんのような独占業務がありませんので、資格の有無に関わらず活動ができます。(ただし、保険販売や証券販売にあたっては資格が必要となります)

なんて素敵な旦那様!しかしそこから勉強を始められるのが凄いです。以前から、経済などお金に関することに興味があったのですか?前向きで仕事もできる良きママ、という印象です。
いえ、そんなことは全くありません!私は家事も育児も得意ではないし、家事については「いかに手を抜くか?」を常に考えているくらい苦手です。そういう「手抜き」の大切さについて、熱く語ることについては自信があります(笑)。


もともとはスクーバダイビングインストラクーという全く違う世界からの転換で、多分普通の人よりもお金について無知だったし、興味もありませんでした。だからこそお金や経済の勉強なんて考えたこともない、という普通の主婦・お母さんと同じ目線で、物事を考え・共感できるところが私の強みかと思っています。こんな私でもできた、という意味で一歩踏み出す勇気、やる気をだしてもらえればと思います。

そうなのですか!少し身近に感じました。(笑)世の中のママはお金の不安はありますが、手抜きをしたい!時間がない!人が大勢います。こんな人はどうすればいいですか?
多くの方は「家計簿つけなきゃ」とか「貯金しなきゃ」とか、頭にはあると思います。でも、考えるうちに不安が膨らみ、見て見ぬ振りでやり過ごしても何かのきっかけでまた思い出し、さらに不安が膨らむという悪循環になっている方がほとんどです。


現実から目をそらすのは一番良くない事なので、まずは手を動かしてみましょう。お勧めしているのはレシートを使った簡単な家計管理です。1ヶ月分のレシートを集めて「支出」を出し、赤字か黒字かを「見える化」します。


費目や現金と合うか等は気にしません。余計なことは考えず、小さなアクションを起こす、これが大切です。行動を起こすことで自信がつき、不安が減り、何をやるべきかが見えてきます。今はスマホのアプリでも簡単に家計簿がつけられますし、できることからやってみて欲しいです。


そうなんです、何かのきっかけでまた不安になる。みんなそうなのですね。まずは小さなアクションをしてみます!熊谷さんは以前、「小さな『へえー』を積み重ねる、そんなお手伝いができればと思います。」とおっしゃっていましたよね。
先ほどの話の続きになりますが、何かのきっかけで不安になった時、小さなアクションを起こせたとしても、特に子育て中のお母さんにとっては、それを継続するのがまた、難しいのです。急に沢山のことをやろうとしたり、大きな成果を求めすぎると、ダイエットと同じで必ず無理が出ます。


リバウンドで前より状況が悪化する可能性もあります。大切なのは、小さな事でいいから「続ける」ことです。雑学を知るように気軽に「お金の知識」を得て、小さな『へえー』を積み重ねるうちに新しい世界が見えてきて、そこに楽しみを見出せればと思います。

そう最初から言ってもらえると私にもできそうな気がしてきます。しかし、「お金の知識」と言われるとハードルが高く・・・(苦笑)
「お金の知識」と聞くと、身構える人が本当に多いです。「投資・運用」の話をすると「ギャンブル?」と言われ、銀行や私的保険は「投資・運用」で成り立っていると説明すると、驚かれることもあります。


家を買う時や子供が生まれた時など、「お金の知識」が役立つ場面が人生には山ほどあるのに、それを積極的に知ろうとする人は少ないと感じます。義務教育でお金の勉強をしない日本では「お金の話をするのはみっともない」という考え方が根強くあります。


話す機会が少なくて、知らないことが沢山あるから「難しそう」という先入観を持つ人が多いのだと思います。情報社会の現在なら、知ろうと思えば情報は簡単に手に入ります。私のような、保険・金融商品を販売しない完全中立の独立系FPも沢山活動していますし、お金について面白おかしく紹介している雑誌や本、コミックも沢山あります。


思い込みや先入観から、お金の事を知ろうとしないのは、本当に勿体無いと思います。正しいお金の知識を増やしていくと、それがとても役に立つことを実感できます。見えるものが変わり世界が広がっていくのは、単純にとても楽しいことです。必要以上に気負わずに、楽しく「お金の知識」を得て、お金を上手に使えるようになり、結果自分や家族の生活が豊かになるという好循環を知って欲しいです。

そう言われると、早く勉強したくなります。最後に今後の夢をお聞かせください!
ママ・パパだけでなく子供も一緒に学べる、お金の学校・塾のようなものを作るのが夢です。正しいお金の知識は一生使える、役立つものです。お金の知識を持つことで社会の仕組みや世界の動きをも学ぶことができます。


人間は早寝早起きが一番、睡眠が大事、夜は寝るべし!と信じているので、早朝や午前中に利用でき、忙しい朝でも簡単に利用できるような、オンラインでの運営などを考えています。買い物から始めるお料理体験や、決まった予算で計画を立てて実際に行ってみる旅行体験、フリーマーケットに出店して事業主体験、などの課外授業も面白そうだと思っています。


今はこのような感じで色々と楽しい想像をしているところですが、3年以内、2020年オリンピックイヤーには、何か具体的にスタートさせるのが目標です。


【プロフィール】
お名前:熊谷 明子(くまがい あきこ) さん
事務所名:こきあFP事務所
住所:千葉県船橋市